ESETのVer10の関係だと思いますが、FileMakerの共有ができなくなった、という連絡をもらいました。

本当は、根本的にVer10での解決をしたいのですが、遠隔操作で解決しなくてはならなかったので、Ver10をアンイントールして、古いバージョッ(Ver8)をインストールしなおしました。

ところが、それでもFileMakerの共有はできませんでした。

実は、FileMakerの共有については、個別にネットワークのフィルタリング機能の通信を許可設定をする必要があります。

具体的には、自動フィルタリングモードを対話フィルタリングモードにして、FileMakerの通信を許可すれば、共有できるようになります。

共有できるようになったら、対話フィリルリングモードを自動フィルタリングモードに戻しておきます。

今回も、これで解決しましたが、社内ネットワークのパソコンどおしのセキュリティも高くすることで、安全性を高めているわけですが、セキュリティを高めると、通常の作業に支障が出てきてしまうので、安全性と快適性の両立は難しいですね・・・・。

ちなみに、私は、遠隔操作(遠隔サポート)は、TeamViewerというソフトを利用しています。

商用目的ですので、Ver5からライセンスを購入して使わせてもらっていますが、最初の頃は、アクセスのためのパスワードを教えてもらった後は、作業終了まで、遠隔操作をしているところを見てもらっているだけでよかったと記憶しています。

ところが、最新バージョンの12では、管理者権限でないとできない操作をしようとすると、私の方の画面は固まってしまって、それ以上は何もできなくなります。

この場合は、お願いして管理者権限のパスワードを入れてもらえば、先に進めますが、何度も作業が中断して、作業効率がかなり落ちています。

とはいえ、遠隔操作には、危険が伴いますので、サポートをする側にとっては不便でも、安全性のためには、この方がいいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
今すぐお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

題名

メッセージ本文

右の文字列(コード)を下記に入力してから「送信」ボタンを押して下さい。 captcha

このフィールドは空のままにしてください。



お問い合わせ内容によってはお答えできない場合や予約の関係でご希望に沿えない場合があります。  


もし、数日しても回答がない場合には、 恐縮ですが、再度、ご連絡をお願いいたします。

当社専用リモートソフト
クリックしてソフトを起動して下さい
(Windows版)
Team-EYE_Tool
(当社専用の遠隔操作用ソフト)
当社のインターネットを使った遠隔操作のサポートを受けるためのインストール不要の当社専用のソフトです。上のボタンをクリックして起動させて下さい。

この遠隔操作のソフトの詳細を知りたい方・始めての方→こちらの説明をご覧ください。

Macユーザー用の遠隔操作のソフト→こちら