私が愛用しているワープロソフトは、少し古いバージョンですが、一太郎です。

一太郎は、原稿用紙のテンプレートが用意してあって、ここに原稿を入力すると、原稿用紙に入力した内容で印刷してくれます。

今日、依頼を受けたのは、原稿用紙だけを印刷して欲しい、という内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が問題か、というと、文字を何も入力しないで空白で印刷しようとすると、印刷をしてくれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、どうしたか、というと「文字を入力して」印刷をしました。

具体的には「スペース」という「文字」を一文字入力しました。

そうすると、一太郎は、「文字が入力した」と認識して、「スペース文字入り」で原稿用紙の枡目を印刷してくれます。

この発想は、応用がいろいろききますので、とても役立つ技です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
当社専用リモートソフト
クリックしてソフトを起動して下さい
(Windows版)
Team-EYE_Tool
(当社専用の遠隔操作用ソフト)
当社のインターネットを使った遠隔操作のサポートを受けるためのインストール不要の当社専用のソフトです。上のボタンをクリックして起動させて下さい。

この遠隔操作のソフトの詳細を知りたい方・始めての方→こちらの説明をご覧ください。

Macユーザー用の遠隔操作のソフト→こちら