データベースの導入

経費の中で一番占める割合が大きいのは人件費ではありませんか。

データベースの導入について当社の基本的な考えを、以前ビデオにしましたので、ぜひ、これをご覧下さい。

FileMakerによる業務システムのご案内 19分50秒

自分の会社は、パソコンとは無関係だから、高い費用をかけてデータベースなどを導入しても無駄だ、という経営者の方が結構います。

それは、データベースを活用できるパソコンを、単なる品物、商品のように考えているからだと思います。
つまり、事務所の机や椅子などと、パソコンを同じレベルで考えているからだと思います。
確かに、机や椅子は、中古を買ってきても、新品を買ってきても、機能的にはそれほど違いはないでしょう。
また、経費削減のために、同じ机や椅子を買うなら、でいるだけ安い方がいい、と考えても無理はないと思います。
というのは、高い机や椅子を買ったから、といって、会社全体の営業成績や利益があがるか、というと、通常は、そういうことはないと思うからです。
つまり、椅子や机にお金をかけるのは、もったいない、と考えても不思議ではありません。

では、パソコンの場合はどうでしょうか?
パソコンを単にワープロとおなじように清書のための道具としか考えていない、あるいは、そのような使い方しかしていないのであれば、パソコンにお金を使うのは、もったいない、と思っても仕方ありません。

しかし、パソコン本来の計算機としての役割を発揮させて使いこなしたとしたら、それは、優秀な経理担当のロボットを雇ったのと同じことになります。
ある大手企業の経営者が、「1円の節約は1円の利益と同じ」が言っていましたが、パソコン本来の使い方ができれば、人件費を削減することができます。
これを、数か月だけの短期でみると、よくわからないかもしれませんが、年間単位の長期でみると、そのことがわかると思います。
そこで、実際に、具体例をあげて、シュミレーションをして検証してみましたが、本当に経費は驚くほど大幅に削減できるのです。

今すぐお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

題名

メッセージ本文

右の文字列(コード)を下記に入力してから「送信」ボタンを押して下さい。 captcha

このフィールドは空のままにしてください。



お問い合わせ内容によってはお答えできない場合や予約の関係でご希望に沿えない場合があります。  


もし、数日しても回答がない場合には、 恐縮ですが、再度、ご連絡をお願いいたします。