【電話工事部門】

男性と女性が上下の階で分かれているある施設の寮があって、その1階に、共同の公衆電話がありました。

ところが、夜、女性が1階まで下りてきて電話をするのは、男性の目が気になってできない、ということでした。

そこで、上の階に女性専用の公衆電話を設置しようとしたところ、いろいろな事情で、その施設に新しい電話回線を引くのには、100万円以上の費用がかかるので、諦めていた、というのが相談内容でした。

その施設のパソコンの保守をしているときにこの困っているという話を聞いて、なんとかできないものか、と相談を受けました。

聞き取り調査をしてわかったのは、この施設では、インターネットはADSL回線を使っている、ということでした。

実は、ADSLのタイプには、電話を使うタイプと使わないタイプがあるのですが、ここでは、電話を使わない契約で使用していたのです。

つまり、新規に回線をひかなくても、いわば、眠っている回線が1つあることがわかりました。

そこでどうしたか、というと、当社の電話工事担当の協力会社に依頼をして、1階のADSLモデムから上の階まで電話線を引いてもらいました。

また、同時におしゃれな色のNTTの公衆電話機の設置も完了して、今回の困ったは無事解決できました。

公衆電話機は、別にして、工事費用については10分の1位で済んだと記憶しています。

ここで紹介した事例は少し特殊だと思いますが、当社で直接できない電話工事などについては、親身になっていい仕事をしてくれる協力会社がいますので、事務所用電話などで困ったことがありましたら、ぜひともご相談下さい。

適正価格できめ細かい対応が可能です。

今すぐお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

題名

メッセージ本文

右の文字列(コード)を下記に入力してから「送信」ボタンを押して下さい。 captcha

このフィールドは空のままにしてください。



お問い合わせ内容によってはお答えできない場合や予約の関係でご希望に沿えない場合があります。  


もし、数日しても回答がない場合には、 恐縮ですが、再度、ご連絡をお願いいたします。