【インターネット部門】
ある事業所に、地方に住んでいた優秀な人材が入社することになって、引っ越しをしてきた、ということでした。

ところが、当分の間、今までの仕事先との間で重要なメールのやりとりをしなければならないのだけど、インターネット回線がなくて困っている、という相談を受けました。

インターネットが使えれば、リモートでやりとりをするのですが、この事例は、そのインターネット回線がなくて困っている、ということですので、早速、その方の家に訪問して、状況を確認させてもらいました。

当初は、ADSL回線でインターネットをしたいと考えていたようですが、そこは新興住宅街で、電話回線はメタル(銅線)ではなく、光回線でした。

そこで、いろいろ検討した結果、インターネットは光回線を使って、光電話にするのがいい、ということになり、開通の手配のお手伝いを一緒にしました。

ところが、光回線でインターネットを使えるようになるまでに2~3週間かかる、と言われ、その間のメールのやり取りをどうするか、が問題になりました。

万が一に備えて、私の無線のWi-Fiの機器は準備してきたので、まずは、それでインターネットは使えるようにしました。

しかし、別の方法があれば、そちらにしたい、と考えているときに、この件とは別に、メールで使用しているノートパソコンが不調で困っている、という話を聞きました。

そこで、ノートパソコンを先に見せてもらったところ、このパソコンは、モデムが内蔵しているタイプでした。

そこで、どうしたか、というと、固定回線がありましたので、昔ながらのピッポッパというダイヤルアップ方式でインターネットにつないで、メールのやり取りをできるように設定をしました。

その依頼者が緊急で必要だったのは、テキストでの文章のメールのやり取りをすることでしたので、アナログ式の電話回線でも十分に用が足りました。

そこで、光回線が開通するまで、この方法でインターネットでのメールを利用してもらいました。

以前、大手の会社の若いスタッフと話をしているときに、内蔵モデムは不要で無駄なものだ、と馬鹿にされたことがあります。

しかし、いざというときには、昔ながらの技術が、こうして危機を救ってくれるのです。

普通は、モデムを使ってのインターネットを使うことなど、思いつかないかもしれませんが、当社は、パソコン通信からスタートした会社なので、ある意味当たり前の発想なのです。

大手の会社に相談して、無理だと諦めてしまっていることでも、実は、できることもあるんだ、という事例でもあります。

今すぐお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

題名

メッセージ本文

右の文字列(コード)を下記に入力してから「送信」ボタンを押して下さい。 captcha

このフィールドは空のままにしてください。



お問い合わせ内容によってはお答えできない場合や予約の関係でご希望に沿えない場合があります。  


もし、数日しても回答がない場合には、 恐縮ですが、再度、ご連絡をお願いいたします。