【ネットワークの設定部門の具体例】

相談内容をわかりやすく説明すると、このようになります。

【会社などの事業所の例】

1.事業所内でネットワークを組んで、全部のパソコンからインターネットやプリンターを使えるようにしたい。

2.経理や人事、あるいは、会社経営者のデータについては、営業のパソコンからは見えないようにしたい。

【学校などの教育現場での例】

1.学内でネットワークを組んで、先生用のパソコンからも、生徒用のパソコンからも、全部のパソコンでインターネットを使えるようにしたい。

2.先生用のパソコンには、生徒の成績などのデータが入っているので、生徒用のパソコンからは見えないようにしたい。

このような相談を受けると、当社では、「VLAN」という機能を使ってネットワークを組む方法を提案します。

「VLAN」という言葉は、聞きなれないと思いますし、「VLAN」の機能も、いくつかあって、なかなか理解しにくいと思いますので、概略図を作成してみました。(画像をクリックすると拡大表示されます)
VLAN機能を説明した図

概略としては、

1.ネットワーク上に別々のグループ(AとBとC)がある

2.AとBとの間ではデータのやりとりはしない

3.しかし、AもBも、それぞれCとはやりとりをしたい

このような設定がVLANの管理画面で行うことができます(設定は、コマンドで設定する場合と、そうでない場合があります)。

この他にVLANの機能を使って、下記のような設定をすることもあります。

1.インターネットにアクセスさせたくないグループ(個人情報などを管理しているサーバー等)Aがある

2.インターネットのグループBがある

3.インターネットにも個人情報のサーバーにも接続して作業をしたいパソコンのグループCがある

この場合は、重なっているグループのポートにパソコンをつないで、、個人情報を管理しているサーバーとインターネット回線のポートを、別々にします。
VLANの活用っ事例2

こうすることで、個人情報などを管理しているサーバーに直接インターネットはつながらないので、セキュリティの上から安全性が高まります。

今すぐお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

連絡先(電話番号)

題名

メッセージ本文

右の文字列(コード)を下記に入力してから「送信」ボタンを押して下さい。 captcha

このフィールドは空のままにしてください。



お問い合わせ内容によってはお答えできない場合や予約の関係でご希望に沿えない場合があります。  


もし、数日しても回答がない場合には、 恐縮ですが、再度、ご連絡をお願いいたします。