【パソコンの修理とデータの復旧の部門】

前日まで何の問題もなく快調だったパソコンが、電源を入れると黒い画面でエラー表示が出てしまって突然起動しなくなってしまい困った、という相談が数多く寄せられます。

また、その際にいつも心配そうな声で聞かれるのは、「中に入っているデータは、全部無くなってしまうんですよね?!」という内容です。

あるメーカーのサポートセンターに電話すると、親切丁寧にサポートしてくれるものの、サポートが終わると、パソコンは無事起動できるようになっているそうです。

ところが、電話を切ってからびっくり、データが全部消えている、というのです。

それは、どういう作業だったかというと、パソコンを買った時の状態に戻した、ということです。

つまり、リカバリ作業をしたのです。

リカバリー作業をすると、確かに、パソコンは、買ったときの状態にもどって起動するようになりますが、今まで作ったり保存していたデータは、綺麗になくなってしまいます。

当社がパソコンのサポートで一番重視しているのは、データの保護、保存、救出ですので、このいう話を聞くと、「それって、本当の話なの?」とただただ呆れてしまうというか、びっくりしてしまいます。

例えば、思い出の写真などは、消えるときは一瞬で、通常は二度と戻ってきません。

ですから、当社の場合は、パソコンが起動しなくなった場合に、まず行うのは、中に入っていたデータの救出です。

ハードディスクが物理的に壊れてしまった場合は、データの復旧は難しいのですが、単にソフト的な問題でパソコンが起動しなくなった場合は、データの復旧は、かなりの確率で可能です。

そして、当社では、データをまずは救出してから、リカバリー作業を行い、救出したデータを元に戻して、壊れる前の状態にできるだけ戻すような作業をしています。

なお、パソコンが起動しなくなる原因は、いろいろあって、もっと簡単になおることもありますので、困ったことがあったら、まずは、ご相談下さい。

会員の方には、電話でのご相談もお受けしています。