今知り合いの税理士さんから通帳をスキャンしてデータをCSVで取り込めないか、という相談を受けています。

経理の業務で預金出納帳などを作成するのに、従来は、通帳をコピーして、それを手入力する、というのが一般的だと思います。

しかし、インターネットバンキングを使っていると、サイトからCSVファイルをダウンロードできるようになっていますので、それを利用するのが最良の方法です。

ところが、次のような場合には、通帳をスキャンしてデータをCSVにしたい、という要望が生まれます。

  1. そもそも、インターネットバンキングを利用していない
  2. インターネットバンキングでダウンロードできるのは、直近の1~2カ月のデータなので、それよりも古いデータについてはダウンロードできない

そこで、手元の通帳でテストをしているのですが、三菱UFJ銀行の通帳をスキャンして面白いことに気がつきました。

一つ前の通帳

それは、一つ前の通帳(三菱東京UFJ銀行と名前が入っています)には、各ページの背景にページ番号が印刷されていました。

 

 

最新の通帳

ところが、最新の通帳(三菱UFJ銀行と新しい名前になっています)には、このページ番号がなくなっているのです。

これは、おそらく、通帳をスキャンして、OCRというソフトで読み取るのに邪魔なので、そういう要望があったからではないか、と思っています。

 

これから、OCRを使ってCSV化できるのか、とのテストをしていきますが、間違いなく、最新の通帳の方が手間がかからないと思います。

ただ、正直、もしも、OCRでのCVS化のことを考えて、このようにしたのなら、ちょっと違うなぁ、と思います。

というのは、例えば、口座引き落としの代行業者さんの場合は、25カ月間のCSVをサイトからダウンロードできます。

銀行の場合も、少なくても13カ月までのCSVデータはダウンロードできるようにして欲しいものです。

JCBカードの場合は15カ月分を確認できました

決算の関係でいうと、1年12カ月で期末後2カ月で決算書を作成・提出なので、この点を考慮して15カ月だと思います。

銀行もそう考えると15カ月分の確認ができるようにして欲しいですね。

Windows 10のユーザーからホームページビルダー17のウェブアートデザイナーのショートカットの場所がわからずに困っている、との相談を受けました。

下記の場所に移動して、「スタートにピン留めする」方法で解決しました。

C:\Program Files (x86)\Common Files\Justsystem\Shortcuts\Tools\HPB17\ツール

ウェブアートデザイナーのショートカットの場所と登録方法

FTPのソフトである「ファイル転送ツール」のショートカットも同じ場所にあります。

Windows10は、「スタートにピン留めする」の機能を上手に活用すると、Windows7よりもむしろ、使いやすくなります!

すでに「三菱UFJ銀行」というように、街の看板は、取り替えられていますが、「三菱東京UFJ銀行」で印刷してある社内文書(見積書、請求書、その他)の書き換えや印鑑等の対応は、完了していますか?

 

「三菱東京UFJ銀行」が「三菱UFJ銀行」になりました。

三菱東京UFJ銀行のロゴ

東京銀行の時代の「東京」の文字が消えていますね。

インターねットバンキングでは、下記のような注意が出ています。

6月中に新しい銀行名にしておく必要がある、とのことです。

以前、住友銀行の支店名が、短期間に変更されて、そのたびに、印鑑や書類を作り直しをさせられて、参ったという経験をしている方も多いと思います。

「三菱UFJ銀行」が、短期間に「三菱銀行」になることはない思いますので、早めの対応をしておいた方がいいですね。

 

はじめてのお客様のところに行って、仕事の流れを見せてもらうときに、封筒などの郵便物をどのように送っているか、を確認させてもらいます。

毎回手書き、という場合もありますが、多いのは、ラベル印刷をして,それを封筒に貼って送付する、というやり方です。

そこでアドバイスをするのは、窓付き封筒への切り換えです。

長所としては、

  1. ラベルの用紙代を節約できる
  2. ラベル印刷の手間を省くことができる
  3. 郵便物の取り違いを防止できるなどです。

ところが、今回、窓付き封筒の請求書を受け取って、窓付き封筒の落とし穴に気づきました。

それは、今回、私自身が経験した事故がきっかけです。

どういうことかというと、ある会社から、私宛に請求書の封筒が届きました。

その封筒を開くと、なんと、私の名前とそっくりの別の人の請求書も一緒に同封されていたのです。

窓付き封筒の最大の長所は、郵便物の取り違いを防止できること、と考えていましたが、確かに、間違いなく、私宛の請求書は、私のところに届きますが、別の人宛の用紙が間違って同封してしまう、というミスはありえる、ということに改めて気づきました。

別の人宛の用紙を自分宛のものだと思って、読んだ後に、何かへんだ、と思って、窓の部分の宛て名を見て、はじめて、別の人宛のものだと気づきました。

でも、これって、場合によっては、重大なトラブルが起きたり、信用問題になる可能性がありますよね。

というわけで、窓付き封筒であっても、取り違いは防止できても、ごのような誤送信の危険はありますので、注意をしなければいけない、と思ったしだいです。

 

 

Adobe Acrobatを使って、一つのフォルダーな中にあるバラバラのPDFファイルを1つにまとめる方法を案内したことのあるお客様から相談を受けました。

相談内容は、フォルダーの中の複数のファイルを読み込んで、一つのPDFファイルにした際に、本当は日付順でできあがって欲しいのに、名前順になってしまうので、解決できないか、というものでした。

Continue reading

パソコンの場合は、最初の段階では面倒に感じることが多いですが、使い慣れると、間違いなく効率があがって、快適になります。

デュアルモニター(マルチディスプレー)は、その代表だと思います。

設定方法や、具体例をご紹介します。

Continue reading

ESETのVer10の関係だと思いますが、FileMakerの共有ができなくなった、という連絡をもらいました。

本当は、根本的にVer10での解決をしたいのですが、遠隔操作で解決しなくてはならなかったので、Ver10をアンイントールして、古いバージョッ(Ver8)をインストールしなおしました。

ところが、それでもFileMakerの共有はできませんでした。

実は、FileMakerの共有については、個別にネットワークのフィルタリング機能の通信を許可設定をする必要があります。

Continue reading

とても快調に使えるESETのウィルスソフトのユーザーから連続してトラブルの相談が続いています。

具体的には、

  1. 今まで複合機からパソコンに送信できたスキャン機能が使えなくなった(パソコンに届かなくなった)
  2. NASに置いてあるエクセルファイルが開かなくなった
  3. 社内ネットワークが重くなった
    などなど

はっきりしたことはまだわかりませんが、ESETの最新版のVer10になって、「ホームネットワーク保護」という機能が新たに追加されていました。

これが原因かもしれません。

Eset Ver10

eset-support.canon-its.jp/faq/show/5562?site_domain=private

別に追加された「ランサムウェア保護」の機能に魅力を感じますので、Ver10の使用を継続しながら、この問題の解決を図る方法を検討すべきだとは思いますが、緊急事態を解決しないといけません。

そこで、今回は、Ver10を削除して、古いバージョンをインストールしなおしました。

古いバージョンのソフトは、公式サイトの下記からダウンロードできます。

ESETの古いバージョン

eset-info.canon-its.jp/support/wc0102/

今日は、遠隔操作で、他のパソコンニインストールされているESETのバージョンを確認して、そのバージョンに合わせたものをダウンロードして、インストールしなおしたら解決しました。

ただし、今回、公式サイトからのアナウンスで、古すぎるバージョンだと、逆にサポートが2017年3月31日で終了しますので、注意です。

===========================================================
2)Windows向け旧バージョンプログラムのサポート終了について
===========================================================
個人向け製品のWindows向け旧バージョンプログラム(V5.2 以前)に対する
ウイルス定義データベースの配信を含むプログラムのサポートを、
2017年3月31日に終了させていただきます。

ESETのソフトは、性能がよくて、軽くて、インストールしても、トラブルがほんとどなかったので、安心して人にも勧めてきましたが、今回のようなネットワークのトラブルが続くようだと、他のソフトに乗り換えてしまうユーザーがでてしまいますので、ぜひとも、早急に解決して欲しいと思います。

私が、昔、ソースネクストのフィルスセキュリティZEROを勧めるのをやめた原因の一つが、まさに、ZEROをインストールすると、特別な設定をしないと、ネットワークの不具合を解決できなかったからです。

その時と違って、私自身はESETから、別ソフトに乗り換えるつもりはありませんが、頭の痛い問題です。

相談内容

メールで拡張子が「ai」のファイルが送られてきたので、開こうとしても、開くことができない。どうしたらいいですか?

電話での回答内容

拡張子が「ai」のファイルは、ADOBE社のイラストレーターで作成したファイル名です。

パソコンにインストールされているAdobe Readerで開いて見ることができるはずですので、試して下さい。

解説

イラストレーターもAdobe Readerも、共にAdobe社の製品です。

イラストレーターで作成したファイルを保存する際に、PDF形式でも保存することができます。

ということは、イラストレーター形式の拡張子がaiのファイルも、Adobe Readerで読めるはず、という推定が働きます。

実際に、開けたと思います。

※ai=Adobe と Illustratorの頭文字、というのが私の憶え方です。

ちょうど、今電話で解決した事例を忘れないうちに書いておきます。

相談内容

事務所で使用しているノートパソコンから印刷しようとしたら、印刷できないので、困って電話しました。

解決方法

まず、通話料を負担させないために、すぐに電話を切って、私の方からかけなおしました。

次に、インターネットは使えるか、他のパソコンからは印刷できるか、の質問には、両方とも問題なし、でした。

ということは、その担当者のパソコンだけの問題と原因が特定できましたので、魔法の呪文を伝えて実行してもらいました。

すると、数分後に、「印刷できるようになりました!」と嬉しそうな返事がかえってきました。

めでたし、めでたし、です。

さて、ここで伝えた「魔法の呪文」ですが、ぜひ、みなさんも覚えておいてください。

100%解決できるわけではありませんが、かなりの確率(7割~8割位)の確率で解決できる、とても素敵な呪文です。

「困ったときの再起動」

どうですか、難しくないでしょ。

今回、私が電話口で待っている間にしてもらったのは、担当者のノートパソコンの再起動です。

それだけです。

再起動したら、さきほど印刷したかった文書が印刷されてきました。

「それだけ」なんですが、これは、長年の経験で発見した実は、とても深い内容をもったとっておきの呪文です。

この情報を買えば、とても高い値がつく情報だと思って、ぜひとも、お持ち帰り下さい。

当社専用リモートソフト

クリックしてソフトを起動して下さい
(Windows版)
Team-EYE_Tool
(当社専用の遠隔操作用ソフト)
当社のインターネットを使った遠隔操作のサポートを受けるためのインストール不要の当社専用のソフトです。上のボタンをクリックして起動させて下さい。

この遠隔操作のソフトの詳細を知りたい方・始めての方→こちらの説明をご覧ください。

Macユーザー用の遠隔操作のソフト→こちら